【シーン別】牛肉ギフトはこんな時に選ばれている!

お歳暮やお中元のシーズンなどは贈り物をしたりされたりが多いと思いますが、その他のタイミングでも贈呈用のギフトを選ぶときはありますよね。

そんなシーンごとにも対応出来る牛肉ギフトの選び方やタイミングを見ていきたいと思います。

■母の日、父の日に贈って親孝行

8bfb0344f30d2bd55d6a70de7f008929_s

日頃の感謝を伝えるには照れくさい時もありますが、母の日や父の日といった明確な日があると子供としては助かります。

そうした時に夫婦そろっての旅行券などもいいですが、自宅で気軽に楽しめる牛肉ギフトというのも大変便利な商品です。

2人で楽しめるというメリットもありますし、届いてすぐに食べられるというのは非常に魅力的。

また、普段あまり食べないであろうブランド牛肉などはやはり親であっても嬉しいものです。

両親の結婚記念日などに贈っても喜ばれると思いますよ。

■出産祝いや結婚の内祝いにのし紙を付けて

職場の同僚や学生時代の友人などが結婚をしたり出産をしたりと、大人になると何かと慶事が増えますよね。

そうした時にも牛肉ギフトは非常に活躍します。

相手のことを知っている間柄ですから、ある程度食の好みも分かるはずです。

おめでたいシーンでの贈り物ですから、のし紙を付けたいところですが本来生ものにはのし紙を付けません。

そういった場合でも「牛肉ギフト券」であれば対応可能。

相手の好みに合わせた牛肉のセットを選んで、カタログとして贈れば完璧です。

■退院祝い、快気祝いなど相手を元気付けるときにも!

体調を崩したり怪我をしてしまった相手が回復した時に、元気づけるのにも牛肉ギフトは一役買います

やはり美味しいものを食べれば自然と笑顔になりますよね。

たとえば内臓などが弱っていて入院していた相手でも、牛肉を加工して柔らかく調理されたものであれば食べられると思います。

特に時雨煮などであれば、まだ少し重たいものが食べられない方でもおかゆと一緒に食べられますね。

普段は味気なく感じていたおかゆも、高級和牛の時雨煮と共に食べればその旨味と香りで気分も冴えてくるはずです。

もちろん怪我から復帰した方には、しっかりとしたモモ肉などを贈って良質なタンパク質を摂ってもらうというのもいいですね。

相手のことを気遣って贈ることが出来るのも牛肉ギフトの魅力のひとつだと思います。

様々なシーンで活躍する牛肉ギフト、もちろんお肉の塊もインパクトがあって喜ばれますが加工しているものであれば色々な事情の方にも適した商品として多数あるのが嬉しいポイントです。