「味も値段もイロイロ!」牛肉の部位の特徴を知っておこう

beef-2027065_640

牛肉を相手に贈るとしてもやはり牛肉のことについて多少理解していないと相手の好みにも合わせられません。

そういった点からも、牛肉の部位ごとにその特徴を抑えておくと今後便利だと思います。

また、牛肉は同じ牛からでも部位によっては取れる量が変わりますので値段も変わってきますので併せて覚えておきたいものですね。

■ステーキなどに最適!牛肉の主役サーロインやシャトーブリアン

ステーキというとやはり「サーロインステーキ」や「ヒレステーキ」というワードが思い浮かぶかと思います。

こちらは背中の肉に当たる部位になり、ヒレ肉はサーロインよりやや内側。

そのためヒレ肉の方が脂肪分は少なく赤身が多いお肉となります。

そのヒレ肉の中でも取れる部分が少なく、牛肉全体の中でも希少とされるのが「シャトーブリアン」です。

値段はやはり高めですが、柔らかい肉質でステーキにしてもふんわりと噛み切れるのが特徴ですね。

■しゃぶしゃぶやすき焼きと幅広い活躍!ロース

厚切りにしても薄切りにしても美味しく調理出来るのがロース肉のいいところ。

牛の肩あたりの部位になり、用途も様々なのでお子様連れの家族に贈っても大変喜ばれるかと思います。

値段はある程度しますが、色々なサイズで詰め合わせられるのが魅力的な部位ともいえます。

やや霜降り部分が多いリブロースなどは最近流行りのローストビーフ用としても最適ですので、料理をされる方に贈るのも良いかもしれませんね。

■塊のお肉として重宝されるランプやモモ肉

比較的にほかの部位より塊肉として出荷されるのがランプやモモといった腰からおしりにかけての部分。

煮込み料理にも使われますが、厚切りのステーキにしても非常に美味しい部位です。

肉の質がキメ細やかで、噛み応えもありますから牛肉の旨味がしっかりと味わえるところですね。

ランプ肉は最近焼肉屋さんでも人気の商品で認知度も高まってきていますので、ギフトとして贈っても充分喜ばれると思います。

また、比較的にサーロインなどよりかは安くはなりますので予算を気にせずに贈呈出来るのはありがたいポイントではないでしょうか。

牛肉は部位によってそれぞれ料理に適したものがあります。

部位によって肉質の硬さも変わりますから、贈る相手が年配なのか子供もいるのかなどによっても選ぶポイントは違いますよね。

そういった点からもこうした牛肉の特徴を覚えておくのがいいと思います。