「お肉の世界もキビシイ!!」牛肉のランク付けについて

お肉を探していると必ず目にするのが「A5ランク」などの表記ですが、これが明確に何を表しているかちゃんと答えられる人は少ないかもしれません。

「A5」があるなら「B5」もあるの?そもそもいくつまで分かれている中での「A5」なの?といった疑問もあるかもしれません。

そうした牛肉の世界での知られざるランク分けと、アルファベットや数字に隠されたその意味について知っておきましょう。

■牛肉の等級やランク付けについて

2ea4bde8b898f8902ba4e52466654dde_s

まず、牛肉の等級は「15段階」に分けられることを覚えておいてください。

これはアルファベットで「A~C」、数字で「1~5」の組み合わせで表示されます。

それぞれAの方が優れていて、5の方が等級が上です。

アルファベットは牛の「枝肉の歩留まり」を表しています。

これは何かというと「牛一頭からどれだけの食肉が取れるのか」という部分を指標として判断されるものです。

それに対して数字は牛の「脂身の多さとその質、肉の色」を評価基準に決められています。

つまり、牛一頭から多くの食肉部分が取れて尚且つ脂身の状態が最高、というものがA5ランクということになりますね。

食肉用の牛は一頭育ててどれだけの部分が出荷できて、売り上げになるのかという部分が重視されていることになります。

そして、良質な肉や脂身は消費者に喜ばれて販売先も多いということから評価の対象になっているというわけですね。

実はこうして考えると、肉の質だけで選ぶのであれば「A5」「B5」「C5」という肉は基準でいえば差がないということになります。

特にこだわりがなければ「B5」「C5」でも最高ランクのお肉を美味しく食べられるということですから、自宅で食べる分には全然問題ないですよね。

もちろん贈呈用となるとやはり表記が気になりますから、「A5」「A4」といったものが好まれるかと思います。

■相手の好みや料理の用途にあったものを選ぼう

ご説明したように肉のランクは肉質もさることながら、脂身の多さでも決まるということが分かっていただけたかと思います。

そうすると贈呈用などで考えた場合は、年配の方に「柔らかいし、しゃぶしゃぶなどでサッパリと…」と考えて、A5ランクのロース肉などを選ぶと「それでも脂身が多くて少し重たいかな」といった印象があります。

そうした場合はあえてA5などの表記がなく、「国産和牛」などの表記だけのものの方がいいかもしれません。

もしくはA5ランクの牛でも比較的に脂肪の少ないヒレ肉やランプ肉などの部位を選ぶのが良いのではとも考えられますね。

ヒレ肉であれば塩コショウでサッと焼き上げるだけで美味しく頂けますので、相手も手間が掛からずに楽しめるかと思います。