牛肉のおいしい食べ方 ★番外編★

美味しいお肉は高い、そんなイメージがある牛肉ですが市販の安いお肉でもしっかりとした手間をかければA5ランクのお肉にも負けない美味しさとなります。

もちろん特殊な技術や食材は必要なく、家庭ですぐに実践が出来る調理方法をご紹介していきます。

■安価なモモ肉のブロックを使って絶品ステーキ!

meat-hammer-2238538_640

ステーキというとやはりサーロインやヒレ肉といったものを使用するのが一般的ですが、少し値段が張るのも事実。

そんな悩みを解消してくれるのがモモ肉の存在です。

比較的牛一頭から取れる量が多いので価格は安いのですが、筋肉質でもあるので少々肉質が硬め。

しかし、しっかりとした下ごしらえをすればそんなモモ肉も見違えるほどに柔らかくなります

まずはモモ肉のブロックをお好みの厚さにカットします。

そして肉叩きなどで、カットしたお肉を叩いて筋繊維をなるべく細かくします

そうしましたら、すりおろした大量の玉ねぎとお好みでにんにく・生姜をお肉と一緒に保存パックに入れて揉みこみます。

この時、少量のごま油を入れるとコクが出ますのでおすすめです。

およそ1時間から2時間ほど時間をおきましたら、あとは通常のステーキと同じ手順で焼くだけです。

お肉に付いた玉ねぎなどはあらかじめ少し落としておきましょう。

そうすることで余計な焦げ付きが防げます。

お肉が焼きあがったら、フライパンで漬け込んでいた材料と少量の醤油を一緒にして炒めます。

こうすることでステーキ用のソースとしても活用出来ますので一石二鳥となりますね。

■スーパーで安いすき焼き肉をおいしくアレンジ!

すき焼きというのも家庭の定番料理ですが、高価な牛肉をそう簡単には使えませんよね。

そうした時には一手間くわえて見るのもひとつの手。

使うのはこれまた玉ねぎと「重曹」です。

まず重曹を少量水に溶かし、その中に買ってきた市販のお肉を30分ほど漬けます。

こうすることで重曹のアルカリ成分がお肉を柔らかくしてとろけるような食感に変化させてくれます。

取り出したお肉を、スライスして炒めた玉ねぎに加えて少しだけ火を通します。

これだけで劇的にお肉の甘みが増えて、柔らかくてジューシーな霜降り肉のように変身します。

あとは用意しておいたすき焼き鍋に入れるだけ。

ちなみにこれはフレンチなどの調理方法を取り入れたもので、元来フレンチなどでは料理に砂糖を加えません。

どうやって甘みを出すかというと、玉ねぎを炒めると出てくる甘みを活用するのです。

それをすき焼き肉に応用したやり方ですが、一手間かけた甲斐がある味わいになると思います。