月次アーカイブ: 4月 2018

美味しいお肉は高い、そんなイメージがある牛肉ですが市販の安いお肉でもしっかりとした手間をかければA5ランクのお肉にも負けない美味しさとなります。

もちろん特殊な技術や食材は必要なく、家庭ですぐに実践が出来る調理方法をご紹介していきます。

■安価なモモ肉のブロックを使って絶品ステーキ!

meat-hammer-2238538_640

ステーキというとやはりサーロインやヒレ肉といったものを使用するのが一般的ですが、少し値段が張るのも事実。

そんな悩みを解消してくれるのがモモ肉の存在です。

比較的牛一頭から取れる量が多いので価格は安いのですが、筋肉質でもあるので少々肉質が硬め。

しかし、しっかりとした下ごしらえをすればそんなモモ肉も見違えるほどに柔らかくなります

まずはモモ肉のブロックをお好みの厚さにカットします。

そして肉叩きなどで、カットしたお肉を叩いて筋繊維をなるべく細かくします

そうしましたら、すりおろした大量の玉ねぎとお好みでにんにく・生姜をお肉と一緒に保存パックに入れて揉みこみます。

この時、少量のごま油を入れるとコクが出ますのでおすすめです。

およそ1時間から2時間ほど時間をおきましたら、あとは通常のステーキと同じ手順で焼くだけです。

お肉に付いた玉ねぎなどはあらかじめ少し落としておきましょう。

そうすることで余計な焦げ付きが防げます。

お肉が焼きあがったら、フライパンで漬け込んでいた材料と少量の醤油を一緒にして炒めます。

こうすることでステーキ用のソースとしても活用出来ますので一石二鳥となりますね。

■スーパーで安いすき焼き肉をおいしくアレンジ!

すき焼きというのも家庭の定番料理ですが、高価な牛肉をそう簡単には使えませんよね。

そうした時には一手間くわえて見るのもひとつの手。

使うのはこれまた玉ねぎと「重曹」です。

まず重曹を少量水に溶かし、その中に買ってきた市販のお肉を30分ほど漬けます。

こうすることで重曹のアルカリ成分がお肉を柔らかくしてとろけるような食感に変化させてくれます。

取り出したお肉を、スライスして炒めた玉ねぎに加えて少しだけ火を通します。

これだけで劇的にお肉の甘みが増えて、柔らかくてジューシーな霜降り肉のように変身します。

あとは用意しておいたすき焼き鍋に入れるだけ。

ちなみにこれはフレンチなどの調理方法を取り入れたもので、元来フレンチなどでは料理に砂糖を加えません。

どうやって甘みを出すかというと、玉ねぎを炒めると出てくる甘みを活用するのです。

それをすき焼き肉に応用したやり方ですが、一手間かけた甲斐がある味わいになると思います。

昔から日本の家族の外食の定番「焼肉」、大人から子供まで嫌いな人というのはあまりいませんよね。

自分が大人になって働き始めてもたまの贅沢には焼肉屋に行くという人も少なくないと思います。

焼肉の魅力はなんといっても様々な牛肉の部位が楽しめるところ。

少量ずつ色んなお肉が食べられ、その部位によってまた違う味わいを堪能出来るのも嬉しいポイントです。

■いろんな部位を楽しめるのが焼肉!

dcdd36936ca6f951fbdb59654faa057f_s

焼肉というとやはりまずは「ロース」や「カルビ」といった印象が強いですね。

ちなみにカルビとは牛のバラ肉のことで、「あばら骨付近のお肉」のことを指します。

最近だと高級肉として「みすじ」などが有名になってきました。

これは肩ロース付近のお肉で牛一頭から取れる量が少ないため、焼肉屋さんでも希少部位として扱われています。

また、「ざぶとん」と呼ばれる肩から首にかけてのお肉も人気があります。

どちらもオレイン酸の含有量が多く、脂身の融点が低いので口に入れるとフワっととろけるような食感と甘く感じる肉の旨味が特徴的です。

■家での美味しい焼き方、食べ方とは?

焼肉を自宅で美味しく食べるには多少の器具をそろえる必要があります。

やはり、外で食べる焼肉のように網が使えるのがベストですがなかなかそういった設備や場所もないと思いますので、一番は波状の鉄板を用意することです。

波状の鉄板は焼いた肉から出る脂を流してくれるのが、お肉自体が脂っぽくなりませんし焼き目もキレイに付きます。

また、焼肉のタレでも充分クオリティーの高いものは販売されていますが、一手間加えて大根おろしなどを添えるのも美味しく食べるコツです。

サッパリとした味わいが口の中をリセットしてくれますので、違う部位を食べ始める時には味の違いがちゃんと分かるようになりますよ。

■お肉と一緒に食べるとおいしい付け合せはコレ!

よくお店で焼肉と一緒に出されるのはサンチュやグリーンレタスなどの葉物やナムルといった付け合わせですよね。

しかし、せっかく自宅で焼肉を楽しむのであれば、それ以外のものも試してみたくなるところ。

少し珍しいかもしれませんが、おすすめは「じゃがいも」です。

一口大にカットしたじゃがいもを鉄板の端にでも置いておくと、焼肉のお肉から染み出た脂を吸いながら段々と火が通っていきます。

ホクホクとした食感に、牛肉の脂が浸み込んだ旨味が絶品となります。

しばらく放置しておいても大丈夫ですし、値段も安価で手間も掛からないのでおすすめの付け合せだと思います。